【クローラー施策】XML Sitemaps(XMLサイトマップス)

制作サイトマニュアル
この記事は約7分で読めます。

wowで制作したWebサイトに実装しているプラグインのマニュアルです。

検索エンジンのインデックスプッシュ機能として、XML Sitemaps(XMLサイトマップス)というプラグインを導入しています。

他の対クローラー施策
スポンサーリンク

【予備知識】XML Sitemap

XML Sitemapとは?

XMLサイトマップは、検索エンジンのクローラーに対して、サイト構造を伝えるためのファイルで、サイト構造やページの優先順位などの情報が書き込まれています。

また検索エンジンに対して、こちらから「新しいページがあるよ!」「ページを更新したよ!」と伝える時にもXMLサイトマップを利用します。

いわば、クローラー(プログラム)用の地図の様なイメージです。

XML Sitemapを設置するメリット

  • クローラーがサイト内を巡回する時にヒントを与え、効率的、正確にサイト構造を把握してくれる。
  • ページ公開・更新時、検索エンジンへXMLサイトマップを通知すれば、更新したという情報を伝えることができる。

結果、より早いインデックスを促すことができる。

クローラーとは?

検索結果に表示されるために、検索エンジンにインデックスされる必要があります。

検索エンジンの仕組み図

検索エンジンには、クローラーと呼ばれるプログラムが常にWebサイトを巡回しています。
bot、ロボット、スパイダーなどと呼ばれることもあります。

クローラーによる巡回をクロールといい、リンクを辿りながら、無数のWebサイトをクロールしては、情報収集~インデックスし、検索結果に表示しています。

新しいWebサイトや公開したてのページでは、リンク導線が少なかったり、クロールの優先順位が低いため、放置しているとなかなかクロールされず、いつまで経ってもインデックスされないということになります。

スポンサーリンク

【プラグイン】XML Sitemaps(XMLサイトマップス)

機能・確認箇所

XML Sitemaps(XMLサイトマップス)は、検索エンジンにサイト構造を伝えるXMLサイトマップを作成してくれるプラグインです。

■確認箇所
メニュー一覧(管理画面左側) » 設定 » XML-Sitemap

ちなみに以前は、「Google XML Sitemaps」というプラグイン名でした。

メリット

XML Sitemapsを導入するメリットとして

  • XMLサイトマップを自動で作成してくれる。
  • とりあえず有効化するだけでも、機能する。(設定した方がより効果的)

があります。

設定・操作方法

基本的な設定

XML Sitemapsの基本項目の設定です。

項目引渡し時の設定内容
通知を更新
Notify Google about updates of your siteサイト更新時のGoogleへの通知設定
Notify Bing (formerly MSN Live Search) about updates of your siteサイト更新時のBing(旧:MSN Live Search)への通知設定
サイトマップの URL を仮想 robots.txt ファイルに追加追加することで、サイトマップの場所を検索エンジンに正確に伝えることができる。
高度な設定
メモリの最大値を以下に増加空欄サイトマップ生成時のメモリ制御
実行時間制限を以下に増加空欄サイトマップ生成時の実行時間制御
Try to automatically compress the sitemap if the requesting client supports it.サイトマップの圧縮
XSLT スタイルシートを含めるデフォルト設定
を使用
XMLファイルををHTMLやテキストなどに変換
Override the base URL of the sitemap空欄WordPressのインストール先がドメイン直下ではない場合に指定
HTML形式でのサイトマップを含める空欄~~/sitemap.htmlでhtmlのサイトマップが表示できる
匿名の統計を許可する(個人情報は含まれません)空欄開発者への情報通知

Additional Pages

追加ページに関する設定です。

サブディレクトリで制作したWebサイトなどを追加することができます。

項目引渡し時の設定
ページの URL空欄
優先順位の設定
(priority)
空欄
更新頻度の設定
(changefreq)
空欄
最終更新日空欄

投稿の優先順位

ページの優先順位の計算方法に関する設定です。

引き渡し時には、自動計算せずに以下の設定を使うようにしています。

項目引渡し時の設定
優先順位を自動的に計算しない
コメント数空欄
平均コメント数空欄

Sitemap コンテンツ

XML Sitemapに含むページの設定です。

引き渡し時は、最終更新時刻を加えた以下のページを含んでいます。

  • ホームページ
  • 投稿ページ
  • 固定ページ
  • カテゴリーページ
  • タグページ
項目引渡し時の設定
WordPress標準コンテンツ
ホームページ
投稿 (個別記事) を含める
固定ページを含める
カテゴリーページを含める
アーカイブページを含める空欄
投稿者ページを含める空欄
タグページを含める
詳細なオプション
最終更新時刻を含める。

Excluded Items

除外するページに関する設定です。

ここは特に設定していません。

項目引渡し時の設定
含めないカテゴリー選択なし
投稿 (個別記事) を含めない空欄

Change Frequencies

クロールの頻度に関する設定です。

【常時・毎時・毎日・毎週・毎月・毎年・更新なし】から選択します。

この項目は、あくまでヒントなので「毎日」に設定しても、たまにしかクロールされない。「更新なし」に設定しても、頻繁にクロールされることもあります。。

項目引渡し時の設定
ホームページ毎日
投稿 (個別記事)毎日
固定ページ毎週
カテゴリー別毎日
今月のアーカイブページ更新なし
古いのアーカイブページ更新なし
タグページ毎日
投稿者ページ更新なし

優先順位の設定 (priority)

ページの優先順位に関する設定です。

重要度低:0.1→1.0重要度高の範囲で設定します。

項目引渡し時の設定
ホームページ0.8
投稿 (個別記事)0.8
投稿優先度の最小値0.8
固定ページ0.5
カテゴリー別0.8
アーカイブ別0.0
タグページ0.8
投稿者ページ0.0

Google Search Consoleへの追加

引渡しまでに、Google Search Console(グーグルサーチコンソール)の用意が整っていれば、追加済みの状態でお引渡ししております。

新しくサイトマップを追加される場合は、以下を参照ください。

Google Search Consoleへのサイトマップ追加方法

  • XML Sitemaps
    1.サイトマップURLをコピー。
  • Google Search Console
    2.メニューからインデックス » サイトマップを選択。
    3.コピーしたサイトマップの
     ドメイン/から後ろを入力し、送信をクリック。
スポンサーリンク

【まとめ】XML Sitemaps(XMLサイトマップス)

wowで制作したWebサイトに実装しているプラグイン XML Sitemaps(XMLサイトマップス)の概要をまとめると以下となります。

XML Sitemaps
(XMLサイトマップス)

  • 機能
    • XMLサイトマップの自動生成・通知機能。
  • 確認箇所
    • メニュー一覧(管理画面左側) » 設定 » XML-Sitemap
  • メリット
    • XMLサイトマップを自動で作成してくれる。
    • とりあえず有効化するだけでも、機能する。(設定した方がより効果的)
  • 設定方法
    • XML Sitemapsを設定後、Google Search Consoleに生成されたXMLサイトマップを登録する。
スポンサーリンク

【関連リンク】制作サイトマニュアル

サイトマニュアル »
WordPress
管理画面 »投稿 »
メディア »固定ページ
WordPressテーマ「Cocoon」
Cocoon設定高速化
プラグイン(デフォルト) »
Contact Form 7Custom Taxonomy Order
Disable Google Fonts »EWWW Image Optimizer
Invisible reCaptchaWebSub (FKA. PubSubHubbub) »
WP Fastest Cache »WP Multibyte Patch »
XML Sitemaps »
カスタマイズ »
スライダー機能 »リダイレクト機能
facebook埋め込みInstagram埋め込み
Twitter埋め込み

タイトルとURLをコピーしました