【Googleアドセンスからの警告】要注意 – 収益に重大な影響が出ないよう、ads.txt ファイルの問題を修正してください。の対応方法

タグ「Googleアドセンス」のアイキャッチ画像Webサイト収益化
この記事は約6分で読めます。

このページでは、

Googleアドセンスから
要注意 – 収益に重大な影響が出ないよう、ads.txt ファイルの問題を修正してください。
と警告された場合の対処方法

を解説しています。

前提として、警告を受けたWebサイトがさくらのレンタルサーバで運用しているケースとなりますが、他サーバを利用していても、大まかな対処方法は同じです。

このページのコンテンツ

Googleアドセンスからの警告「ads.txtファイル」の対応方法
警告の意味
解決方法
解決作業の手順
解決しない場合の確認ポイント

タグ
スポンサーリンク

要注意 – 収益に重大な影響が出ないよう、ads.txt ファイルの問題を修正してください。

Googleアドセンスの警告
Googleアドセンスの警告

文面、怖すぎるわー。

ルートレベルのドメインにアップロードしてください。と言われると難易度高そうに思いますが、実は割と簡単な作業で解決できます。

この警告はどういうこと?

そもそも、この警告が何を言いたいかというと、

「Googleアドセンスの広告枠を設置したのは、このサイトの管理者でっせ。」
っていうメッセージが無いよ。

という意味合いになります。

なので、
「広告枠を設置したのはこのサイト管理者ですよ」と伝えるファイルを正しく設置すれば解決です。

万が一、設置方法に誤りがあると、アドセンス広告が表示されなくなったり、収益が下がることもあるらしいので、悪しからず。

参考リンク
スポンサーリンク

警告の解決手順

大まかな作業手順は、以下となります。

  1. 警告メッセージウィンドウから、ads.txt ファイルをダウンロード。
  2. さくらサーバコンパネから、ファイルマネージャーを開く。
  3. 適切な箇所にads.txt ファイルをアップロードする。
  4. 問題がなければ、1~2日くらいで警告が消える。

1工程づつ解説していきます。

警告メッセージウィンドウから、ads.txt ファイルをダウンロード。

まずは、Googleアドセンスの管理画面を開きます。

Googleアドセンスads.txtのダウンロード

Googleアドセンスの警告メッセージウィンドウにある[ダウンロード]から、ads.txtファイルをダウンロードします。

デスクトップなどに移しておくと、分かりやすいかと思います。

ちなみに書かれている内容は、こんな感じです。

google.com, pub-0000000000000000, DIRECT, f08c47fec0942fa0

赤文字の部分は、Googleアドセンスのサイト運営者ID

これはGoogleアドセンスの[アカウント]»[設定]»[アカウント情報]で確認することができます。

文字コード(エンコード)は、UTF-8となっています。

このあたりは、ダウンロードしたものであれば、特に意識しなくても大丈夫。

大丈夫!

さくらサーバコンパネから、ファイルマネージャーを開く。

次にさくらのレンタルサーバコントロールパネル(コンパネ)にログインします。

さくらレンタルサーバのコンパネ「ファイルマネージャー」

コンパネにログインできたら、ファイルマネージャーを開きます。

参考リンク

適切な箇所にads.txt ファイルをアップロードする。

ファイルマネージャーから、先ほどダウンロードしたads.txtファイルをアップロードします。

さくらレンタルサーバのファイルマネージャー「ads.txtのアップロード箇所」

ファイルマネージャー画面左部から、サイトドメイン名のファイルを選択します。

さくらレンタルサーバのファイルマネージャー「アップロードボタン」

サイトドメイン名のファイルを開いたら、画面上部の[↑アップロード]ボタンをクリック。

すると、アップロードウィンドウがポップアップ表示されます。

さくらレンタルサーバのファイルマネージャー「アップロード」

アップロードウィンドウ左下部の[+ファイルを追加]から、先ほどダウンロードしたads.txtを選択し、[▶アップロード開始]をクリックすると、アップロードされます。

作業完了!
お疲れ様でした。

問題がなければ、1~2日くらいで警告が消える。

問題がなければ、1~2日くらいで警告が消えます。

状況によっては、少し前後することもあるので、しばらく様子を見てみてください。

上手くいかない場合は、以下を確認してください。

・ads.txtのサイト運営者IDは、合っていますか?
・ads.txtの文字コード(エンコード)は、UTF-8
アップロードした箇所・ファイルは、間違えていませんか?

スポンサーリンク

【まとめ】Googleアドセンスからの警告「ads.txtファイル」の対応方法

Googleアドセンスから「要注意 – 収益に重大な影響が出ないよう、ads.txt ファイルの問題を修正してください。」と警告された場合の対処方法を解説しました。

何だかハードルが高そうな警告の割に、実は簡単な作業で解決できました。

正しく設置できていないと、ペナルティが発生するらしいですが、多くはads.txt自作した場合に起こっているようなので、ダウンロードしたファイルをそのままアップロードできていれば、問題ないかと思います。

警告の意味

「Googleアドセンスの広告枠を設置したのは、このサイトの管理者でっせ。」
っていうメッセージが無いよ。

対処方法

「広告枠を設置したのはこのサイト管理者ですよ」と
伝えるファイルを正しく設置する。

作業手順

1.警告メッセージウィンドウから、ads.txt ファイルをダウンロード。
2.さくらサーバコンパネから、ファイルマネージャーを開く。
3.適切な箇所にads.txt ファイルをアップロードする。
4.問題がなければ、1~2日くらいで警告が消える。

解決しない場合の確認ポイント

・ads.txtのサイト運営者ID
・ads.txtの文字コード(エンコード)UTF-8
アップロードした箇所・ファイル

参考リンク
タイトルとURLをコピーしました